【体験談】新卒初日でJCBゴールドカードが発行された話

お金

こんにちは。2020年新卒サラリーマンのガリ(@asyoulikeit_log)です。

新社会人になったし、ゴールドカードが欲しいなぁ。

でも、研修段階の社会人でもゴールドカードって発行されるの?在籍確認とかかかってきたら面倒だなぁ…

今回はこんな疑問に対して、体験談という形でお答えしていきます。

 

 

結論だけ先にお伝えすると、問題なく発行できました。

 

発行したのはJCBゴールドカード

今回私が発行したのは、JCBプロパーのゴールドカードです。

JCBが発行している若者向けのゴールドカード「JCB GOLD EXTAGE」ではなく、正真正銘の「JCB GOLD」です。

※若者向けといっても学生不可のカードですが。

 

ちなみに、JCBカードはランクが高い順に、「JCB THE CLASS」「JCB PLATINUM」「JCB GOLD THE PREMIER」「JCB GOLD」ということで、JCBのプロパーカードの中では4番目の序列となるわけです。

「JCB THE CLASS」は「JCB GOLD」以上のカードでの利用実績に基づくインビテーションによってしか発行できません。

また、「JCB PLATINUM」の申し込み資格は25歳以上と、新卒段階で発行することは想定されていません。

そして、「JCB GOLD THE PREMIER」は「JCB GOLD」の利用状況に応じてインビテーションが届くもので、「JCB GOLD」の所有が前提となっているわけです。

 

つまり、新卒社会人がJCBのプロパーカードを発行したいと思ったとき、申し込み資格がある中で最もランクが高いのが「JCB GOLD」なわけです。

 

なぜJCBゴールドカードを申し込んだのか?

JCBカードの最高峰「JCB THE CLASS」を手に入れるための準備として、JCBゴールドカードを申し込みました。

それ以外の理由はありません。見栄というよりは、物欲や所有欲によるものです。散財系サラリーマンなので仕方ありませんよね。

 

正直、お得感という意味ではJCBゴールドカードはイマイチです。

同じJCBのプロパーカードであれば、若者向けの「JCB W」が年会費無料かつ還元率も高いです。39歳以下であれば申し込めますし。

そもそも、私のライフスタイルであれば楽天ゴールドカードのVISAを利用するのが最も合理的な選択です。

少なくとも、海外旅行等にあまり行かない私にとって、ゴールドカード以上についている付帯特典ってあまり必要ないことが多いです(笑)

 

それでも、「JCB THE CLASS」を持ってみたいがためにJCBゴールドカードを申し込むという選択をしました。私は理系ですけど、合理性だけがすべてじゃないんです。

同じ志を持つ方であれば伝わりますよね…?

 

新卒初日でJCBゴールドカードの審査に通過するまでの軌跡

ここでは2020年新卒の私が、新卒初日(2020/04/01)でJCBゴールドカードの審査に通過するまでの軌跡を公開します。

似たような境遇でJCBに限らず、新社会人でゴールドカードを所有したい、という方の参考になればと思います。

※楽天ゴールドカードであれば学生の方でも審査通過しますよ。(体験談)

 

というわけで、時は2019年8月までさかのぼります。

 

2019年8月:「JCB W」申し込み・発行

実はJCBのプロパーカードを作ったのはJCBゴールドが初めてではありませんでした。

当時大学院生だった私はスタバでのポイント10倍に目がくらみ、「JCB W」を申し込み・発行しました。

 

2019年8月~2020年3月:「JCB W」を普通に利用

発行した2019年8月から大学院卒業の2020年3月までは、普通に「JCB W」を利用していました。

当時、メインカードが別にあった時代などもあったので、利用状況はまちまちです。

ちなみに、平均の利用額は月6万円ちょっとでした。学生にしては多めかもしれません。

 

月ごとの利用額は大体こんな感じです。

  • 2019年8月:9,000円
  • 2019年9月:65,000円
  • 2019年10月:11,000円
  • 2019年11月:5,000円
  • 2019年12月:3,000円
  • 2020年1月:76,000円
  • 2020年2月:110,000円
  • 2020年3月:205,000円
こいつ結構お金使ってるなー、と思った方。正解です。
こんな散財癖のある新卒サラリーマンの資産状況は以下のページで公開していますよ。
>>【新卒の資産運用】散財系サラリーマンでも資産は築けるの?

 

2020年4月1日00時00分:MyJCBから勤務先情報の変更

私は律儀なので、学生が終わり、社会人と認められる4月1日までは学生の収入で記載していました。

目的であるJCBゴールドは学生不可と明記されているカードですしね。

 

そして、4月1日になった瞬間にMyJCBから勤務先情報の変更を行いました。

ここで気づきます。MyJCBからJCBゴールドへの申し込み画面に遷移できないことに。

 

2020年4月1日01時00分:カード入会受付完了

勤務先変更をしてから少し待ってみたり探してみたりしたんですが、MyJCBからJCBゴールドの申し込み画面は一向に現れませんでした。

そんなわけで、普通にJCBゴールドの申し込みサイトから新規で申し込みをすることにしました。よくサイトを見たら、この方法で正解だったみたいです。

 

ちなみにこの申し込みでは、年収欄には理論年収である「450万円」と記載しておきました。

 

2020年4月1日09時00分:カード入会判定結果と今後のお手続きに関するお知らせ

申し込んだ当日の朝一に判定結果が来ていました。早い…!

ぼんやりしていて、銀行口座の登録を抜かしていたのでここで登録しました。

 

2020年4月1日10時30分:カード入会判定結果のお知らせ

この時点で、正式にカード入会審査通過のお知らせが来ました。

私が懸念していたのは、会社に在籍確認が行くことだったのですが、このスピード感を考えると在籍確認は行われなかったようですね。

個人的に、研修段階で会社に連絡行くのは恥ずかしかったので良かったです。

 

ちなみに、この時点でJCBゴールドカードはMyJCB上に反映されており、GooglePayに登録することができました。限度額は100万円。

つまり、QUICPayはこの時点で利用できるようです。

 

2020年4月2日07時00分:カード発送準備完了のお知らせ

新卒2日目の朝早くにカード発送準備完了のお知らせが届きました。発送は4月3日とのことでした。

 

JCBゴールドはだれでも作れる?

今回の事例は、新卒初日の社会人であっても申し込みから4日でJCBゴールドカードが手に入る、というものでした。

では、JCBゴールドカードはだれにでも作れるのでしょうか?

 

私の見解はこうです。

「クレジットヒストリーに大きな問題のない、一般社会人であれば作成可能」

 

自慢ではありませんが、学生時代の私はクレジットカードのヘビーユーザーでした。

金額等を考えても学生としては申し分ないものであったと自負しています。前述のJCB以外にも使っていましたし。

 

そのような状態の方は、社会人でさえあれば問題なくJCBゴールドカードを発行することは可能かと思います。

仮に年収がある程度低くても、カードの限度額が低くなるだけ飲んじゃないかな、と。ちなみに、JCBゴールドカードの最低限度額は50万円らしいです。

 

まとめ:新卒初日でもJCBゴールドカードは発行できます。

一見すると新卒にはハードルが高いゴールドカードですが、申し込んでみると意外と通ってしまうようです。

あなたも申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

私は25歳になったら、JCBプラチナに挑戦してみようと考えています。

 

以上。

>>ガリ (@asyoulikeit_log) | Twitter

タイトルとURLをコピーしました